ドレブティック

Dorée Kami provides you here some goods related to our projects. Enjoy!
Items sent to Japan only.


本体1,600円
著者 畠山奈保美
パリジェンヌの心のビタミン

力強く生きるための パリジェンヌの名言集 波瀾万丈もこわくない、 心を 強く スリムにしてくれる コトバ 時代のアイコンとなり、パリで活躍した歴史上の人物や、アーティスト、 小説家、女優などをピックアップ。彼女たちの名言とそのバックグラウ ンドを解説。 そのユニークな人生には、新しい時代を生きる日本女性たちが、人生、 仕事、恋愛などに、前向きになれるヒントがあるはず。それぞれの人物 のパワーを感じられるゆかりの地や、同じこころざしを持った日本女性 にも焦点をあてている。


本体1,470円
著者 畠山奈保美
私が輝く、パリジェンヌ・レッスン

パリジェンヌのエッセンスを取り入れて美しく、しなやかに年を重ねていける本です!

パリジェンヌ

20歳、パリジェンヌはとてもかわいらしい
30歳、パリジェンヌはどきどきするほど魅力的
40歳、パリジェンヌはうっとりするほど魅惑的
40歳以降...いいえとんでもない、パリジェンヌは
決して老いない、年なんてとらない!

アンドレ・モーロワ


本体1,890円
両親にみせたい とっておきのパリ案内

自分を育ててくれた両親
大好きなパリをプレゼント

「両親にあの景色を見せたい」。パリが好きな方なら誰もが思うことではないだろうか。あの風景に一目ぼれして以来、何度も訪れたパリ。この景色を定年退職を迎える両親たちにプレゼントしたい。そんな願望が1冊の本になった。

11月16日、プレスパリの新著「両親に見せたいとっておきのパリ案内」(六耀社)が発売される。一般的にパリの本というと、若い女性向けのものが多いが、当書はシニア世代の両親と若い女性が一緒に楽める内容になっている。

取材にあたったのは、みずから両親を案内した経験があるパリの女性スタッフたち。彼女たちがアイデアを出し合って、「これなら安全で、絶対喜んでもらえる」というアドレスを約60箇所厳選している。レストランやブティックなど、母や娘が楽しめるアドレスが中心だが、歴史的カフェ、ワインバー、ソムリエナイフの店など、お父さんたちも楽しめるアドレスも充実している。

それだけに、ふつうの旅行では絶対に聞き出せないような内容がゴロゴロ出てくる。この本を読めば、フランス語が話せなくても、パリの空気を共有できるだろうし、この本を店のスタッフたちに見せれば、それだけで仲良くなれるはずだ。いや、パリに行かずとも、親子で本を眺めながらパリのことを話すだけでもきっと楽しいはず。 自分を育ててくれた両親へ、自分にしかできない思い出をプレゼントをする。これこそエスプリが効いた親孝行ではないだろうか。


 
La Flèche d'or

Kototama International 文化協会会長、ユベール・マルタン (Hubert MARTIN)作、フランス‐日本をテーマにしたLa flèche d’or(金色の矢 :仮訳)が、この度Les Éditions Aden出版よりされました。
以下が、この本のテーマの説明と、作者に関する情報になります。

「この小説の“私”は、私自身ではない。」と、La Flèche d’or(金色の矢:仮訳)の作者は言うかもしれない。
それは、一人の日本人女性アーティストである。西洋文化に精通するがゆえに、彼女は西洋と日本の文化の狭間で揺れ動く。そして、作者であるHubert MARTIN(ユベール・マルタン)が彼女の人生をひとつの小説にまとめ上げた。すでに高齢に達するが、その日本人女性に偶然出会い、その絆は紡がれた。この出会いが作者の日本に対する情熱を生んだのである。
この本では、主人公の内側で繰り広げられる純粋な心の葛藤が描かれている。人はどのようにその人自身になるのか?何が運命をつくるのか?作者自身もそれを探す一人であり、つまり作者と主人公が互いに自問する内容は同じなのである。道徳、心霊現象、神学にまつわる道理である。
ユベール・マルタン (Hubert MARTIN): 1920年、マルセイユ生まれ。仏系銀行、外資系銀行で取締役を長年務める。仏米文化協会の元会長であり、現在は、ポール・クローデル協会の会長を務める。多数の文集、詩集、短編小説を執筆し、今回のLa Flèche d’or(金色の矢)は、彼の第二作目の小説である。

Naomi B. Sauvage の半生がモデルになっているとか。。。

この小説はLes Belles Lettresより発売となります。書店での注文の受付・販売は4月の予定となっていますが、詳しい日程につきましては、後日発表させて頂きます。また、アマゾンでの発売が開始の際も、同様に発表させて頂きます。

この作品は今のところフランスのみの販売となっております。ご了承くださいませ。

本体1,600円
東京のパリ案内

◆内容紹介
パリジェンヌ気分でめぐる都内50スポット東京にいながらパリ(フランス)を身近に感じられるとっておきのスポットを紹介する街歩きガイド。
本場の味が楽しめるビストロやパン屋、こだわりのアンティーク雑貨が手に入るショップ、在日フランス人が通いつめる洋書専門店やフレンチバーなど、厳選した50スポットを目的別に紹介します。
日本で暮らすフランス人からも愛され、パリの本場を感じられるこだわりのつまったお店のみをを厳選!
掲載店舗はいずれも東京在住の目利きフランス人たちのお墨付きです。
「パリジェンヌ気分で話す片言フランス語」、イベントカレンダー、全体MAP、ショップリストも収録。

Naomi B Sauvage はこの本の中の、フランス語会話とフランス人とのコミュニケーション全般に関する監修をしています。


本体3,000円
Jay Gottlieb plays Nicolas Obouhow

Jay Gottlieb が1892年生まれのロシアの現代音楽作曲家 « Nicolas Obouhow » の作品に挑戦したCD。パリでの超一流スタッフとのスタジオ録音は、Jayの音の細部に対する鉄人的なこだわりを、余す事無く伝えきった貴重なCDに仕上がっています。日本ではこのDorée Kami ブティック限定販売です。お見逃しなく!!!
Jay Gottlieb はNYCに生まれ、ジュリアード音楽院を卒業し、ハーバード大学で音楽理論のディプロムを取得し、パリのナディエ :ブロンジェーに師事し、世界各国でコンテンポラリーピアニストとして、数々の名誉ある賞を受賞。2005年にはNaomi B Sauvage とパリでサロンコンサート及び演劇的なテーマ性のあるコンサート « La Voix de Makrokosmos »を開催し好評を博し、その後マラケッシュでCD録音をした。
このCDはドレブティック限定販売。

この作品は今のところフランスのみの販売となっております。ご了承くださいませ。

本体1,000円
平山みき・今日の出来事
Naomi B Sauvage がPress Parisの竹内さんと代表している « パリの日実行委員会 »が主催した « パリの日 » のイベントにも参加して頂き、Art de Vivre な人生の楽しみ方を伝授していた、歌手の平山みきさん。歌手生活40周年を迎えてさらにパワーアップ!!
一般書店等では手に入らない貴重な京都のガイドです。